ブログトップ

保育士の世界

o9deamxc.exblog.jp

津波対策の拡充検討=農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は1日午前の衆院予算委分科会で、チリで発生した大地震に伴う津波に関連して、災害防止策や連絡体制について「十分かどうか検討させてほしい」と述べ、農水省内や関係省庁と調整し、必要に応じて拡充する考えを示した。福井照氏(自民)への答弁。
 水産庁によると、大津波警報などが発令された2月28日は、漁港や水産施設への立ち入りが禁じられていたため、各地の津波被害の状況は1日午前9時時点でも詳細に判明していない。同庁は「自治体などを通じて情報収集中」(漁政課)としている。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震〜日本にも津波〜
〔用語解説〕「大津波警報」
津波警報をすべて解除=17時間半ぶり、注意報は一部継続

<名古屋ひき逃げ>同乗の3人、処分保留へ(毎日新聞)
<チリ地震>日赤あて義援金の現金書留は無料に(毎日新聞)
10日に政治姿勢で集中審議=参院予算委(時事通信)
廃棄物の不法輸出未遂で初告発=ミャンマーへ冷蔵庫45台−環境省(時事通信)
阿久根市長の議会欠席続く、予算案質疑入れず(読売新聞)
[PR]
by ha1vrcbkvd | 2010-03-08 11:59
<< 韓国大統領、4月来日で調整(時... 与謝野氏、新党視野 倒閣へ執行... >>